「研磨剤で歯の黄ばみが落ちるってほんと?」

「研磨剤は歯に良くないって聞いたけど、実際どうなの?」

この記事はそんな疑問を持つ方に向けて書いています。

 

歯の黄ばみを落とすための研磨剤のメリット・デメリット

 

黄ばみ戦士黄ばみ戦士

研磨剤ってのは、研いで!磨く!・・・剤だ!!

こんにちは、黄ばみ戦士です。

この記事では、研磨剤のメリット・デメリットや、研磨剤を使用している歯磨き粉の見分け方を紹介しています。

「歯の黄ばみを落としたい!」という人にとっては、研磨剤は魅力的に映るものです。

しかし、研磨剤のせいで逆に歯が黄ばみやすくなるって知っていましたか?

 

歯みがき粉の研磨剤ってどんなもの?

黄ばみを落とす研磨剤の働きのイラスト

 

研磨剤は読んで字のごとく、歯の表面を削って汚れを落とすものです。

歯の黄ばみの原因で最も多いのが、歯の表面のエナメル質に付着してしまった着色物質。

これは普通のブラッシングではなかなか取れないんですね。

 

そこで研磨剤を使用して、黄ばみもろともゴッソリ削り落としてしまおうという考えです。

しかし、黄ばみだけでなく歯の表面も削ってしまうため、現在では「研磨剤入りの歯みがき粉はダメだ!」というのが通説になっています。

(研磨剤の詳しいデメリットは後述しますね)

 

研磨剤のメリット

  1. ステイン(着色汚れ)を落とす力が強い
  2. その結果、歯が白く見える

 

研磨剤を使用すれば、普通のブラッシングでは落とせない汚れも落とすことができます。

また、研磨剤のなかには粒子が小さく、黄ばみ落としではなく“清掃剤”として配合されているものもあります。

こうしてクリーニングの意図で使用されている研磨剤もあるので、研磨剤が入っている歯磨き粉がすべて悪いというわけではありません。

 

研磨剤のデメリット

  1. かえって歯が黄ばみやすくなる
  2. 白い歯を取り戻すことができなくなるリスクも
  3. 虫歯を予防する力がない

 

研磨剤によって削られた歯の表面はデコボコしてしまいます。

こうして歯の表面に凹凸があると、よけいに着色物質が付着しやすくなり、黄ばみやすくなるんですね。

 

歯のエナメル質と象牙質のイラスト

 

また、研磨剤で歯の表面のエナメル質が削れてしまうと、その内側にある象牙質が透けて見えるようになり、よりいっそう黄ばんで見えてしまいます。

(しかも、日本人の象牙質は黄色味を帯びた白色です)

この段階まできてしまうと、自宅で白い歯を取り戻すのは難しくなるんですね(歯科医院でのホワイトニングが必要)

 

黄ばみ戦士黄ばみ戦士

また、粒子の小さな研磨剤を使用しているものもあるが、この場合は歯周ポケットに研磨剤が詰まりやすいということも分かってきているんだな

研磨剤には着色汚れを落とすパワーもありますが、そのぶんこうしたリスクも伴います。

後述しますが、今では研磨剤を使わずとも、歯の黄ばみを落とせる歯磨き粉なども販売されています。

なので、リスクを冒してまで研磨剤入りの歯磨き粉を選ぶ必要はありません!

 

黄ばみを落とす歯磨き粉のポイント

歯ブラシとコップのイメージ画像

 

歯の黄ばみを落とすためには、一体どのような歯磨き粉を選ぶのが良いのでしょうか?

ここからは歯磨き粉の選び方を紹介していきますね。

研磨剤を使用している歯磨き粉の見分け方

パッケージの成分表に以下のような表記があるものは、“研磨剤入り”と思ってもらって結構です。


  • 炭酸カルシウム
  • 炭酸水素ナトリウム
  • 無水・含水ケイ酸
  • リン酸水素カルシウム
  • 水酸化アルミニウム
  • ピロリン酸カルシウム
  • マイクロクリスタリンワックス
  • 酸化チタン
  • シリカ

こうした成分が含まれている歯磨き粉はなるべく避けるのが無難です。

今後歯磨き粉を選ぶときはもちろん、お手持ちの歯磨き粉の成分も今一度チェックしてみてくださいね。

こんな成分が入った歯磨き粉は◎

今では研磨剤を使わずに、色素を浮かせて黄ばみを落とす歯磨き粉もあります。

こうした歯磨き粉には、以下のような成分が含まれています。

  • ポリリン酸ナトリウム
  • メタリン酸ナトリウム
  • リンゴ酸
  • ビタミンC
  • ポリアスパラギン酸

これらは歯の表面の汚れを浮かしたり、吸着してくれる働きがあります。

決して研磨剤のように歯の表面を傷つけることはないので安心です。

 

また、虫歯菌などの酸によって溶けた歯の表面を“再石灰化”してくれる成分が入っていると、なお良しです!

具体的にはハイドロキシアパタイトという成分が入っていると◎です。

 

ハイドロキシアパタイト配合の歯磨き粉「オーラパール」

参照:薬用オーラパール

 

ハイドロキシアパタイトは、歯の表面のエナメル質の97%を占める成分です。

ハイドロキシアパタイトを歯みがき粉から摂取することで、傷ついてデコボコになった歯の表面もしっかり補修されます。

歯の表面がツルツルだと着色物質も付着しにくくなるので、ハイドロキシアパタイト入りの歯磨き粉は今後の黄ばみ予防にもオススメですよ♪

⇒知って損なし!本物のホワイトニング歯磨き粉の選び方3ポイント

 

いかがだったでしょうか?

研磨剤を使用している歯磨き粉がすべて悪いというわけではありませんが、やっぱり避けたほうが無難だと私も思います。

 

今では研磨剤を使用せずに、しっかり歯の黄ばみが落ちる歯磨き粉も販売されています。

今回紹介した成分などを参考に、安全で効果のある歯磨き粉を選んでみてくださいね!

⇒研磨剤不使用!本当に白くなったホワイトニング歯磨き粉ランキング

 

Q&A~教えて黄ばみ戦士~

市販の歯磨き粉の研磨剤も安全なのでは?そうじゃないと、日本人の大半が歯の表面を削っていることになります
おっしゃる通り、歯を傷つける心配はどれも少ないと思うぞ。

しかし、それは同時に研磨剤として歯の黄ばみを落とす効果もないということだぜ?

それなら、わざわざ研磨剤入りの歯磨き粉を選ぶ必要もないのでは?

ちなみに、海外製の歯磨き粉には強力な研磨剤を使用しているものも多いから、注意してくれよな!

研磨剤で、すさんだ心の汚れは落とせますか?
落とせます。って、落とせるわきゃねーだろ!

でも、歯がキレイになると、自然に笑顔が増えるし、周りの印象も良くなるのは確かだ。

少なからず心の健康につながる部分もあるから方向性は間違ってないぜ!

次の記事:知って損なし!本物のホワイトニング歯磨き粉の選び方3ポイント